自分の手で綿花を栽培し、紡いだ糸で織地を作りたい!
そんな野望を形にするべく、自宅ベランダでのコットン栽培の記録です。

*******************

2017年5月17日
今回栽培する綿花の種は、富山で活動されている
綿工房Sentoko(富山 綿花栽培糸紡ぎ)さんより譲っていただきました。


種はワタの産毛に覆われ、ふわふわして
とても気持ちよく、これを土に埋めてしまうのは
少し忍びない気持ちになりました。

********************

2017年5月12日
植える前日から水に浸して少し揉み、水分を馴染ませた種を
ポットに2〜3粒ずつ、全部で13個分植えました。



*********************

2017年5月19日
ついに一つ目の発芽を確認!
まだ黄緑色のうぶうぶの若葉が愛おしいです。


翌日には8個のポットから発芽を確認!
続々仲間が増えました。


5月24日で11個のポットから発芽しましたが
残念ながら2個は芽が出ませんでした。



***********************

2017年5月31日
奇麗な双葉が生え揃って安心していましたが
ふと見れば、虫が葉っぱを食べている!
慌てて駆除しましたが、以後気をつける事に。



**********************

2017年6月7日
各ポットから2〜3本の芽が伸びていたので
意を決して間引きする事に。

可哀想なようですが、しっかり栄養を蓄えて
コットンを収穫するためには仕方ありません。



*********************

2017年6月14日
間引いたおかげか、各ポットの成長が著しく
かなり葉っぱが大きくなって来ました。



***********************

2017年6月19日
本葉が出て来たので、そろそろ定植の時期が来ました。



**********************

2017年6月20日
ついに大きいプランターへの植え替え開始。
プランター4個と14?の土を3袋用意して
各プランターへ2〜3苗を定植しました。




コットンは乾燥に強いとの事なので
水はけがいい様にと、鉢カバーは使わず直置きに。

隣で育ててた藍の葉が、アブラムシにやられてしまった
反省から、植物由来の散布薬を使い防虫する事に。

***********************

2017年6月22日
前日の大荒れ天気で、かなりの強風にさらされ心配しましたが
何とか持ちこたえて一安心。
風に弱いと分かっていたのに、屋内に避難させず反省です。



*************************

2017年7月5日
ぐっと暑さが本格的になり、台風接近など
ベランダ環境が厳しくなって来ましたが
コットン軍団の成長は安定してて、背丈は20cmになりました!


*************************

2017年7月13日
背が伸びた分、強風に煽られ斜めになっていたので
支柱を立てて苗を支えてあげました。
これで安心です。


**************************

2017年7月19日
猛暑が続き、エアコンを付けてる時間が長くなり
当然ながら室外機のあるベランダも熱波に包まれるせいか
コットンたちの成長が芳しくない気がして心配してましたが
ちゃんと本葉の下に新芽が出てました!よかった、よかった〜。









まだまだ国立コットン成長記は続きます!
次回更新をお待ちください。