栃木県宇都宮市生まれ。グラフィックデザイナーとして働くも出産を機に退社。
10年間子育てに専念していましたが「何かやりたい!」という仕事への情熱は衰えず、
子供たちへの工作・造形教室を主宰し2007年まで活動しておりました。

子供たちと一緒に創作することで眠っていたクリエイター魂に火が付き、
1999年夏に自分用の夏バッグが欲しいな〜と、家にあった麻ひもとダンボール板で
たまたま作った手織りバッグを持ち歩いていたところ、
友人たちの評判の的になり、勢いに乗ってアートフリマに出展。
そこでスカウトされ、輪織り麻ひもバッグ作家として

<ワイヤーワークス&ナチュラルワークス>の活動を開始することになりました。


最初は自分で作ったバッグが世間に認められるのかと半信半疑で進んできましたが、
年月を重ねるごとに麻ひもバッグの愛用者が増え、ダンボール織り機の講習依頼が続き、
それなら!と2002年実用新案申請。独自に考案した技法であると証明され、
クラフトイベントやギャラリーなどへの出品や講習会など精力的に活動して参りました。


紆余曲折を経て、様々な活動の中で新しい出会いに恵まれ、

パフェプロジェクト東京メンバー・PPマイスターとなり
クロバー株式会社の卓上織り機「咲きおり」の技術も習得し、
手織り&手芸全般の知識を広げ多角的な講習活動をしております。

さらに2013年より
楽習フォーラム輪織りバッグ認定講座カリキュラム委員長として、
共同開発により樹脂素材のおりりんを考案し、実用新案を再取得して
輪織り資格取得者養成のため、全国各地で認定講座を展開中です。

2017年より咲きおりでの手織り作品に特化したブランド
Atelier de Olive>を立ち上げ、染織クリエイターとして活動の幅が広がりました。
他社ブランドとの共同作品開発など、クリエイティブワークも積極的に行うことで
手織り&輪織りの魅力を発信して参りますので、よろしくお願いいたします。





Copyright (C) 2014 Tomoko Utagawa. All Rights Reserved. 
作品、写真、原稿など各データの無断複製、無断転載は固くお断りいたします。